枯山水ガイド

枯山水とは?

枯山水とは、水を使わない庭園のことで、石、砂、草木を使用し山や海などの雄大な自然風景を表現する日本庭園の様式の1つです。

大名庭園のような豪華さや派手さはないものの、向き合うことで心に癒やしをもたらしてくれる枯山水は観光地としても人気のスポットです。

日本独特の庭園様式として世界に誇れる枯山水ですが、そもそも枯山水とはどのようなものか?丁寧に解説致します。

【入門ガイド】枯山水とは?

枯山水とは何か?

枯山水といえば、石や砂でできたお庭がぱっと浮かびますが、そもそもどのようなものなのでしょうか。

平安時代に書かれた日本最古の庭園書である「作庭記」に、枯山水に関して次のように書かれています。

池もなく遣水もなき所に、石をたつる事あり。これを枯山水となづく。その枯山水の様は、片山のきし、或野筋などをつくりいでて、それにつきて石をたつるなり。

枯山水とは、水のない庭のことで、池や遣水などの水を用いずに石や砂などにより山水の風景を表現する日本庭園の様式のことなのです。

例えば、白砂や小石を敷いて水面に見立てたり、石の表面の模様で水の流れを表現します。

白砂を敷いて水面に見立る

作庭記には「枯山水」という名が使われましたが、歴史をたどると様々な呼ばれ方をされてきました。

枯山水の歴史
枯山水の歴史大名庭園のような豪華さや派手さはないものの、日本ならではの美意識である「侘び寂び」を感じることができる枯山水。 向き合うことで心に癒や...
呼ばれ方 時代 出典
枯山水(かれさんすい) 平安時代 作庭記(さくていき)
乾山水(あらさんすい) / 乾泉水(あらせんすい) 鎌倉時代 源平盛衰記(げんぺいせいすいき)
唐山水(からさんすい) 室町時代 臥雲日件録(がうんにっけんろく)
仮山水(かさんすい) 室町時代 仮山水譜并序(かさんすいふへいじょ)
枯水形(かれみずがた) 江戸時代 築山山水伝
から泉水(からせんずい) 江戸時代 庭作不審書(ていさくふしんしょ)

枯山水は他の庭園様式と何が違うのか?

日本庭園の様式は、池泉庭園、枯山水、露地(茶庭)の大きく3つです。

枯山水と他の庭園様式は一体何が違うのでしょうか?
また、枯山水の中でも石庭とはどのようなもなのでしょうか?

枯山水と池泉庭園の違いは?

池泉庭園

池泉庭園は、枯山水と違い「水」という要素が取り入れられているのが特徴です。

枯山水は室内で座って鑑賞する「座視鑑賞式」であることがほとんどですが、池泉庭園は歩きながら鑑賞する「回遊式」の庭園が多いです。

枯山水と露地庭園(茶庭)の違いは?

露地庭園

露地庭園は、茶事に呼ばれた客人が茶室に入る前に通る道すがら(園路)に自然の景を盛り込んだものです。

千利休が大成した茶の湯の文化から影響された様式で、茶室に付属して設けられているので茶庭とも呼ばれます。

庭園文化は歴史背景の影響が大きく、どの様式も庭園を作る目的がそれぞれ異なります。

もっと詳しく知りたい方は、以下の記事をご参考ください。

枯山水と石庭の違いは?

「水」を使わず石や砂、草木だけで自然を表現するのが「枯山水」ですが、さらに、草木(苔を除く)を使わないのが「石庭」です。

石庭で有名なのが、龍安寺の「方丈庭園」です。

龍安寺の石庭

枯山水は何を表現しているのか?

前述している通り、枯山水は、石、砂、草木を使用し山や海などの雄大な自然風景を表現している日本庭園です。

物理的には自然風景を表現しているのですが、その表現背景には何があるのでしょうか?

観光スポットとしても有名になっている現存する枯山水の形式は、室町時代の中頃から造られるようになりました。

室町時代以前の日本庭園は、書院造りの発展により「鑑賞式庭園」や「回遊式庭園」の様式が流行していました。

しかし、応仁の乱で京都が荒廃し、より狭い土地に低予算で造ることができる枯山水(かれさんすい)が脚光を浴びたのです。

そして、禅宗の僧侶である「夢窓疎石(むそうそせき)」が禅宗の精神を融合させ、現在の枯山水の形が生まれました。

禅の「侘び寂び」といわれる、無駄を省き、質素で静かに工夫がこさらされた精神が注入されたのです。

塵一つ残さない掃除によってのみ達せられる世界観が生まれ、心の清らかさを磨いて悟りを深くする文化が生まれました。

禅の侘び寂び
枯山水の見方・楽しみ方
枯山水の見方・楽しみ方日本独自の美意識である「侘び寂び」を感じることができる枯山水は、日本人だけでなく海外の人にも人気があり大注目な観光スポットになっています...

枯山水のまとめ

この記事では、日本独特の庭園様式として世界に誇れる枯山水とはどのようなものか?解説しました。

枯山水とは?

・枯山水とは、「水」を使わない日本庭園
・石、砂、草木を使って、雄大な自然風景を表現する
・さらに草木を使わず(苔はOK)で表現するのが「石庭」
・禅の「侘び寂び」の精神が影響している