枯山水ガイド

枯山水の見方・楽しみ方

日本独自の美意識である「侘び寂び」を感じることができる枯山水は、日本人だけでなく海外の人にも人気があり大注目な観光スポットになっています。

単に眺めるだけでなんとなく美しいなぁと感じれる枯山水ですが、ちょっと前提知識をもっているだけで見方が変わってきます。

そんな枯山水の見方・楽しみ方を解説します。

枯山水の見方・楽しみ方

枯山水とは?

枯山水とは、水を一切使わずに、石や砂を使って大自然を表現する日本庭園の様式の1つです。

日本庭園というと、池があって松があって歩きながら楽しむイメージがありますが、枯山水は座りながら眺めるタイプの庭園が多いです。

【入門ガイド】枯山水とは?
枯山水とは?枯山水とは、水を使わない庭園のことで、石、砂、草木を使用し山や海などの雄大な自然風景を表現する日本庭園の様式の1つです。 大名庭園のよ...

枯山水の見方・楽しみ方

枯山水は、日本庭園に無の境地に至る禅の思想が注入されています。

禅の影響で生まれた美意識に「侘び寂び」を理解することが、枯山水を楽しむポイントになります。

では、「侘び寂び」とは一体どのような美意識なのでしょうか。

侘び寂びとは?

侘び寂び

「侘び寂び」は、「侘び」と「寂び」の2つの言葉から成り立っています。

「侘び」は、「つつましく質素なもの」を意味し、真意としては「貧困」を表します。

応仁の乱によって京の都が荒廃したことから、発展した枯山水。

世問的な事物(お金や名声)に頼らず、つつましく質素なものこそが美しいという美意識です。

「寂び」は、「時間の経過とそれに伴う劣化」を意味し、古いものからにじみ出る美しさを表します。

また、静寂の意味も含まれ、利己的な思想を抱かず「無我」になることで、悟りに近づくと考えられています。

侘び寂び、つまり、質素なこと、足らないこと、趣があることが逆に想像力を刺激し、深い美が表現されているのです。

枯山水の解釈

そんな「侘び寂び」を感じながら、空間の意味を自問自答しながら眺めるのが枯山水の楽しみ方です。

空間の意味をどのように視点で解釈するか?は大きく2つに別れます。

  1. 自然風景をイメージする
  2. 仏教の世界観、宇宙観をイメージする

まずは自然風景をイメージするのがおすすめです。

自然風景をイメージする

枯山水は、水を使わずに大自然を表現する庭園様式なので、そこには自然風景が広がっています。

砂を使って大海が表現され、石を使って島が表現されています。

大自然をイメージすることができたら、次に仏教の世界観、宇宙観をイメージしてみましょう。

仏教の世界観、宇宙観をイメージする

静寂の中で自分自身と向き合い、空間の意味を自問自答し続けるのです。

枯山水の要素が表現するもの

砂紋

砂紋

白砂に模様を描き水を表現したものを「砂紋」と呼びます。

砂紋にはいくつか種類があり、川を表現したり、海を表現したりするものがあります。

枯山水の作り方
枯山水の作り方日本人だけでなく海外の人にも人気があり大注目な観光スポットになっている「枯山水」。 枯山水の庭に描かれる砂紋は、実は人がレーキを使って...

まとめ

枯山水の見方・楽しみ方まとめ

・枯山水を楽しむには禅宗の美意識「侘び寂び」の理解が大切
・自分自身と向き合いながら空間が何を意味するか自問自答を繰り返す
・自然風景をイメージできたら、仏教の世界観、宇宙観をイメージする