はじめての枯山水ガイド

枯山水とは?

枯山水とは、水を使わない庭園のことで、石、砂、草木を使用し山や海などの雄大な自然風景を表現する日本庭園の様式の1つです。 大名庭園のような豪華さや派手さはないものの、向き合うことで心に癒やしをもたらしてくれる枯山水は観光地としても人気のスポットです。

【入門ガイド】枯山水とは?

枯山水の歴史

「枯山水」という言葉は、平安時代後期に生まれました。 鎌倉時代に禅宗の思想が注入され、戦で荒廃した室町時代に発展しました。 戦乱が落ち着いた江戸時代から衰退しましたが、昭和からモダン枯山水として復活してきました。

枯山水の歴史

枯山水の見方・楽しみ方

枯山水を楽しむには禅宗の美意識「侘び寂び」の理解が大切です。 自分自身と向き合いながら空間が何を意味するか自問自答を繰り返します。 自然風景をイメージできたら仏教の世界観、宇宙観をイメージします。

枯山水の見方・楽しみ方

枯山水の作り方

枯山水の庭に描かれる砂紋は、実は人の手作業によって作られています。 砂紋を作るときに使う道具はレーキ(熊手、砂かき棒)が使われます。

枯山水の作り方

有名な枯山水の日本庭園

枯山水には、平庭式、準平庭式、枯池式、枯流れ式、特殊形式の種類があります。

龍安寺方丈南庭

枯山水の有名な庭師・作庭家

枯山水の有名な庭師・作庭家は、夢窓疎石、善阿弥、雪舟、賢庭、小堀遠州、石川丈山、金森宗和、重森三玲です。

枯山水の有名な庭師・作庭家